睡眠を癒せ。

お疲れ様です。 HOLです。

 

眠っても疲れが取れない経験はないですか?

端的に言うとこれは、ねむりがあさいことが原因です。

そして眠りが浅くなる原因はさまざまでしょうが、一番多いのはストレスです。

それこそ、仕事の悩みから家庭の事情と多岐に渡ることでしょう。

 

 

 

                    

 

 

人はストレスを感じると、緊張した状態になります。

何か失敗して怒られた時を思い出してください。 緊張してますよね。

 

人間はストレスを感じると気を抜いてはいけないと、緊張状態になります。

それは、生死を分ける瞬間に全力で生き残るために、動物全般に備わっている

装置なわけです。

 

ただ人の社会で、生死を分ける瞬間は珍しく、特に日本は安全に出来ています。

その分、人との付き合い方で、自分の生き方が変わる意識が強く、肉体的には

安全でも精神的には危機を感じやすい社会となっています。

ですので人と接する以上ストレスは絶対に発生してしまいます。

ただし、そのストレスを発散する仕組みも人には備わっていて、少々の事では

異常をきたさないようにも出来ています。

 

それの最たることが 睡眠 です。

睡眠によって、その日にスイッチの入った緊張状態をOFF出来る機能があります。

 

しかし冒頭の話、その睡眠が不安定となってしまうと、常に緊張した状態が続き、

一定を超えると体に影響が出てきてしまいます。

 

それがウツです。

 

眠ってもストレスをリリース出来なくなることは大問題なのです。

 

極端な話でいうと、

社会に属するか限り、人と接触します。

するとストレスが発生します。

過度のストレスが発生すると、睡眠が機能しなくなる。

睡眠が機能しないため体調が戻らない。

 

こういったサイクルが産まれてしまうのです。

正直このさサイクルを断ち切るには、一時的にでも社会からドロップアウトするしか

方法が無いの でしょうか?

今の話はあくまで極端な話です。

ストレスを感じれば、例えば、まずは寝るとか、美味しいものを食べる、趣味に没頭す

る、運動 をするなど、ストレスを溜め込まない工夫は出来るものです。

 

ただ、ストレスを感じたら何をすれば良いかがとてもあやふやだと思いませんか?

 

漠然と寝ればスッキリするだろうとか、週末は美味しい物を食べようと言ったように、

なんとな くそれをすれば、なんとかなるのではないかといった感じではないでしょうか。

 

もっと効率よくストレスを解消出来ないものでしょうか?

 

僕はそこを結構悩んできました。

性格的にもストレスを溜めやすいので余計に悩みました。

いらない不安をついつい気がつくと考えているのです。

 

解決の方法は瞑想でした。

 

唐突な展開かもしれません。

しかし、睡眠とは別に確実にストレスを発散できる方法は瞑想です。

 

瞑想というフレーズがどうしても取っつきにくい、胡散臭い、そういった印象を感じられているかもしれません。

ぼくもその一人でした。

 

でも!

実際、おっかなびっくりやってみると何のことはないんです。

例えば、肩こりをほぐすエクササイズ、そういったものと一緒なんです。

 

瞑想は、ストレスを開放するエクササイズなんです。

 

ぼくのサイトでは、ぼくが自分で試行錯誤した瞑想を発信しています。

今日を癒して、明日に全力を注ぐためのエクササイズとしてLESSON形式で発信しています。

上手く眠れない、眠っても疲れが取れていない、そんな人は是非試してみて下さい。

(趣味のブログですので無料です。)

☟☟☟

LESSONはここから

 

  では、みなさま、今日を癒せ明日を変えろ。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です