LESSON 7 見る Cパート

お疲れ様です。 HOLです。

 

では、LESSON 7 を始めてまいります。

このLESSONはLESSON 6 の続きとなります。LESSON 6の最後に上手くいっている目安として以下の事をお伝えしました。

・目は覚めているのに眠っているような感覚。

・眉間の奥が痺れているような、重だるいような状態。

 

あくまで、感覚なので人それぞれですが、何となくでも感じれましたか?

何となくでも感じる事が出来たのであれば、これをさらに安定して感じれるようにしていきます。LESSON 6では視覚を感じる事をお伝えしましが今度は視覚を感じると同時に呼吸も感じていきます。

 

1 座ります。

 

座布団を準備する。

 あぐらで座る。   

  

 

2 目を瞑り薄く目を開けます。

薄目の状態はLESSON6とまったく同じ状態を作ります。(リンク)

 

 

 

この状態で同様に明るさを介し視覚を感じて行きます。

 

3 視覚を感じます。

ここもLESSON6とまったく同様の流れで視覚を感じます。

 

 

軽い寄り目状態のため、薄目越しの景色はボンヤリと2重になっています。

 

そして、今回は頭の中で「見る」とは唱えずに、ただただ視覚に集中しましょう。

長い時間そうする必要はなく、気持ちが落ち着き、視覚への集中が高まれば次に進みます。

 

4 視覚と呼吸を感じます。

 

視覚へ集中している状態から、お腹の膨らみやへこみにも感覚を広げて行きそこはかとなく、同時に感じていきます。呼吸の仕方自体はLESSON3とまったく同じです。

呼吸の仕方をおさらいしておくと・・・

 

・鼻から吸って、鼻から出す。

・数量、スピードは普段の呼吸と同じを心がける。

 

 

 

・お腹の動きを感じるべく腹式呼吸を意識します。

ただし、無理にお腹を膨らまして、空気を出し切るのではなく、あくまで普

段の呼吸量でお腹の動きを感じましょう。

 

 

視覚に集中している状態から、徐々に呼吸にも意識の範囲を広げていきます。

薄ぼんやりとした視覚と、お腹の動き・息の流れを、1つとして感じましょう。

力むように感じるのではなく、脱力した状態でボンヤリと複数の感覚を感じ続けてみましょう。

 

 

 

視覚、お腹の動き、息の流れと3つの事を感じる訳ですが、常に均等に3つを感じていなくて構いません。どれかの感覚に偏ってしまうのは構いません。ただ、複数の感覚へ意識を広げるイメージは持つ様にしましょう。

様は感覚へ集中力を総動員することで、思考へ意識が移ろうとするのを止めてしまえれば良いのです。

僕は、視界への集中が一番多く、次いで息の流れ、時々お腹の動きといった感じで座っている事が多いです。

 

LESSON 7 チャレンジ

 

瞑想時間は 10分

期間は   2週間毎日

いつする?  夜

 

このLESSONまでくると、何となく『目が覚めているのに眠っている

様な何とも心地のいい感覚』と言うものが分かって来る人もいると

思います。度々申していますが、それが瞑想状態です。

 

次で最後のLESSONになりますが、その辺りお話ししたいと思います。

 

 

チャレンジが終わればLESSON 8へ

 

LESSON 8 ☞☞☞

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です